FC2ブログ
全てのお店に「通販」という選択肢を提供したい!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多くの(数字では9割以上の)小売業が、
通販をしてない理由は、何だろうか?


まず大前提で、"興味が無い"のだろうか。


興味はあるけれど、
始められていない店舗はどれくらいだろうか。


この辺りの数字がまず知りたいなぁ。

コストがかかる、
手間が増える、
難しそう、

そう高くないハードルもあり、
各種通販プロバイダーもこれらの解決策を持っている。

ある程度、解答が分かりやすいものは、
まず、最低限取込もう。


高いハードルから考えると…

・もうこれ以上儲けはいらない

うん、いますねー。少なくないかも。
周囲の関係者でもそのような声は聞くから、全く否定はしないし、
気持ちも分からんでもないですね。

えーと、一旦保留。(汗)


・通販とかシステムとかが嫌いだ

うーん。
でも、ホームページ保有率は9割以上だから、
そんなにデジタル嫌いな店舗ばかりとは思えないのだけどなー。


・通販に適していない商品を取り扱っている

まあ、当然あるだろう。
それでも、日々、ネットで買えないものが減ってきてる感触はある。

まさに今話題の対面じゃないと売れない"医薬品"とかかな。
にしても、他に売れる物もあるから
店舗単位でやらないってまで考えるのかな。


あとは、
"売ってはいけない"訳ではないけど、売り行きが悪い商品とか?

利益の関係で、損するほど安い商品とかかな。100円均一とか?

いや、でも、配送料金と手間賃のあたりを上手い事したらイケるんじゃないかしら。

通販の良さが半減するけど、受取りをベースにしてみるとか?
となると、ショッピングカートで買い物というより、
もう商品紹介だけで良くなっちゃう?

いや、それもアリじゃない?(笑)


昔は、
実際に手にしないと分からない物として、
洋服・食品みたいなものが売り行き悪いと言われてたけど、

モールサイトのランキング見てると、
バンバン食品だのアパレルが上位を占めていて、
もはや過去の常識だな。


通販を始めるためにハードルになっている課題に対するソリューションをサービスにしたい。


まあ、そんな事はとうに、
楽天やYahoo!やAmazon、各種通販プロバイダーの先輩達が、
組織単位で検討に取り組んで来ただろうから、

そう簡単な事ではないだろうな。。(汗)

組織にいた時にも思っていたけど、みんなが天才的ということはなく、
一生懸命課題に取り組んで、結果を出して、世間が驚いて拍手喝采。

諦めずに、しっかり調査して、仮定して、実施して、改善しよう。

マーケティングとか学術的な知識は無いけど、
そこで差がつく訳ではないのがビジネスの面白いとこ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。