全てのお店に「通販」という選択肢を提供したい!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通販でのお買い物に、割引きをする仕様として、一般的なものが二つあります。

お買い物ポイント と クーポン券 です。

お買い物ポイントは、
お買い物合計金額の何%かを次回の買い物で利用可能な割引きポイントとして、もらいます。
国内の通販サービスに多く見られ、
楽天ポイントやTポイントなどが有名でしょうか。

クーポン券は、
500円割引き券 のようにして、キャンペーンなどで配布します。
比較的、海外の通販サービスに多いかもしれません。
AmazonやAppleのiTunesなどが世界的にも人気ですね。

決済時に割引きとして適用する機能は、
いずれも同じですが、
主に所有の仕方にそれぞれ特徴があります。


お買い物ポイントは、
例えば2058ポイント のように、細かな一桁まであり、その通販サービス上にポイント用の口座を作って管理するイメージです。

逆にクーポン券では、
細かな端数を持たない性質があり、例えば400円の買い物に500円割引きクーポン券を使った場合、お釣りが戻らない仕様です。

比較した場合、クーポン券のデメリットに見えますね。

クーポン券の大きな特徴は、
会員登録する必要がなく、保有し利用する事ができます。

お買い物ポイントは、ポイント口座を作って管理する必要があるため、会員登録は必須ですが、
クーポン券の場合は、クーポンコードさえ知っていれば、誰でも使う事ができます。

そのため、
他人に譲渡できる事も大きな特徴になります。

商品券のように、ギフトとして利用される事も多いです。

システム観点から見ると、
お買い物ポイントは、送料や手数料のような数値情報であることに対して、
クーポン券は、商品アイテムの一つとして扱うイメージになります。


それぞれで一長一短ありますが、
今構築している通販プラットフォームでは、
いずれを採用しようか悩んでました。

結果として、
両方を採用することにしました!

利用シーンにあわせて、
使い分けができるようにしたいと考えてます。

もう少しサービスを整理する必要がありますが、
それぞれのメリットが活かせる仕組みにすると便利だと思ってます。

誰かからギフトでもらったクーポン券と、
自分が持っているポイント端数をうまく使って、お得な買い物ができると嬉しいですよね?

一度に両方の仕様を導入するのは難しいかもしれませんので、
まずは、クーポン券から導入してみたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://plazas.blog.fc2.com/tb.php/30-95e1ef94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。