全てのお店に「通販」という選択肢を提供したい!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通販サイト、
つまりは、ショッピングカートのシステムを構築しようと思うのだが、
どんな感じにしようかな、と考える。

まず、ターゲットとしては、
通販未経験者で考えたい。

シンプルで、余分な脂肪は徹底的に削ぎ落としたい。

と、いう方針で、色々調査してみると、
stores.jpが見事にマッチしてしまった。。

正直、むちゃくちゃ、悔しい。

まさに、思い描いていた形になってしまってる。

しかも、唯一無二。

というか、
新生Yahoo!ショッピングの画面ショットも見てみたら、
これまたstores.jpインスパイア系。。涙

よし、やめよう。(笑)

パクッたね。だの、
ああ、アレだよね?だの、
二番煎じで勝てるの?だの、
言われたくない(汗)

まあ、ちょっと冷静に想いを分析しよう。

未経験をターゲットにしたい = シンプルな構造にしたい

これ…、安易過ぎるかな…

未経験者は、いずれは経験者になる。
そうなったら、方程式は崩れる事を意味している気がする。

事実、最近増えてきた無料通販ショップは、

お試しとかテストとかマーケティングに使ってみて下さい!

という、ワードをはっきり明示してる。

違うな~。
私が考えていることは、それとは違うな~。
多少、そんな用途での利用もアリとは思うけど、
本質は違う。

少し角度を変えると、

シンプルだから、出来ることも少ない。
機能も少なく、カスタマイズもできない。
だから、無料なのか。

ともとれる。

違うんですよ。
機能制限と無料に因果関係を持たせたくないんですよ。

最短⚪︎分で開店!

は、なかなか魅力的なキャッチコピーだけど、

何ヶ月もかけて、じっくりしっかり作りました!

という、お店の方が消費者目線としては、惹かれるなぁ。


じゃあ、どうするか。


やはり、標準機能を全て搭載しよう。

むしろ、あっちのサービスにはある機能なんだけどな~、
と思われないくらい、充実させちゃおう。

ただ、多機能にする事で、
未経験者にとって難しさを与えもしない。


そんな通販システムにしよう!


さあ、大規模なシステム開発になるぞ~!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。