FC2ブログ
全てのお店に「通販」という選択肢を提供したい!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネット通販は、通常の店舗型販売と異なり、

・購入者が実際に手に取る事ができない
・対面してサービスができない

などの要因から、

売りにくい商品、売りやすい商品、

があると言われてきました。

まず、
手に取ることができないために、
洋服や靴、バッグのようなアパレル、
食品や飲料などは、
試着、試食などができず、
売りにくい商品とされていました。

その逆に、
手に取らずとも購入の決断ができる、
書籍・CD・DVD、ブランド小物、日常消耗品など、
既にある程度の詳細を理解している商品は、
売りやすい商品のようですね。

私がこの話を聞いたのはもう10年くらい前の話で、
この解決をしたのは、まさに楽天市場ではないかと思ってます。


楽天市場は、全体の人気ランキングの上位をお取り寄せグルメや名産スイーツ、アパレルが占めたりします。


また、
高額商品やコンサルティング要素のある
パソコンや電化製品、自動車なども、
売るのが難しいとされてました。

そもそも、当時はまだまだ、インターネット上に、自分のクレジットカード番号を入力する行為に抵抗があったりしました。

さらには、一方向の発信型のホームページでは、その商品の何が購入者に必要な情報かをピンポイントで提供するのが、難しかったりします。

対面が無いからこそ、
売れる商品もまた存在しました。

いわゆるコンプレックス系の商品ですね。

薄毛や、下半身のお悩みなどのための商品です。


そんな対面がないと購入が難しかった商品の販売を解決をした例に、
SONYのVAIOオーナーズメイドがあったと思ってます。

パソコンは、利用者にあわせて細かなスペックの調整により価格が決まります。
しかし、そのスペックがなかなか調整できない。
そこで、通販型のオンラインショップを用意しつつ、購入シーンを自宅ではなく、ビックカメラなどの店頭として、
購入者の横にソニーの担当者が説明し、一問一答しながら、一緒に購入してあげるという手段を採用していたのです。

私が実際にそのシーンを体験したのですが、
なるほど!と思いました。

自動車やオーダーメイドの高級ジュエリーも応用できるはずですね。


そんな解決策を見つけてくれた先輩方のお陰もあって、
今はまた売りにくい商品が減ったと思います。


これから通販をやりたいのだけど、
あまりインターネット販売に向いてないのではないか?
と不安になって、始められずにいるショップオーナーさんも多くいらっしゃるかもしれません。

私としては、それでもまず踏み出してみるべきだと思います。
売れないと心配されている物でも、実は解決策がすでにあるかもしれません。

この通販が盛んになってきた現代、
解決策が生まれる可能性も高いとも思います。

最も重要なのは、
売りたい!という気持ちで、手段は一緒に解決したいとも思ってます。

是非、気持ちを第一優先して、
踏み出していってほしいですね!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://plazas.blog.fc2.com/tb.php/25-a470ceab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。