全てのお店に「通販」という選択肢を提供したい!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天市場は、本当に便利ですね。

私も毎月のように何かを楽天で購入してます。

ただ、ふと思う事があります。

今年、楽天で買い物をしたお店の名前は?

こう聞かれると、驚くほど思い付きません。。

恐らく20店舗くらいは、色々なお店で買い物をしているはずなのですが…

私の物覚えの悪さは、多少差し引いても、、

楽天で買ったけど、どのお店か覚えてない

似たような経験がある消費者は少なくないのではないでしょうか?

これは、楽天株式会社としては、
自身のブランディングが成功しているように見えます。

ただ、出店しているお店としては、
少し寂しいですよね。

もしかしたら、
モールという存在は、そんな側面を持っているのかもしれません。

デパートでも、ショッピングセンターでも、商店街でも、
確かにお店の名前までは、しっかり思い出せない事はあります。

やはり、私の物覚えの話でしょうか…。汗

いやいや、、、笑
でも、あのデパートの、あの階の、あの辺りに、という風にして、もう一度その店に辿りつく事ができます。

当たり前ですね。。

でも、楽天など、通販モールの場合、
また同じ店に辿りつけない時もあります。

よほどブックマークでもしてない限り、
もう一度同じような検索手順で向かっても、
検索結果、状況が変わっていることでしょう。

さらには、その店に向かう途中、
同種の商品を扱う別の新しい店に惹かれ、
脱線してしまう事もあるでしょう。

商品検索は過酷な競争社会です。

楽天は、決して安くない利用料金を徴収しながらも、
絶大な集客力で、多くの御新規さんを担保しています。

ただその反面、
顧客化にはまだまだ課題があるかもしれません。


これから、作る新しい通販プラットフォームは、私はあえてそんな検索や価格の並べかえによる競争社会を排除したいと考えています。

なので、
自分がモールの立場になる事もせず、
登録いただいたショップに向けてむやみやたらなSEOなども考えてません。

ショップ一つ一つが主役となり、
それぞれの市場を創り出し、
それぞれの優良な顧客を持てる事を
想い描いて、構築したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://plazas.blog.fc2.com/tb.php/21-c8a9f186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。